2011/08/11

BLACK FLEECE "ラウンドカラーシャツ"


BLACK FLEECE】のシャツを買いました。初ブラウン、初ラウンドカラー。
袖丈のお直しが済んで、やっと手元に戻ってきました。
写真のたたみジワは、どうぞ笑って許してくださいませ。


7月上旬、丸の内仲通りにあるブルックスブラザーズで、セール価格にて購入。
店内の棚には置いていなかったので、店員さんに在庫を尋ねたところ、
バックヤードからこのシャツが出てきました。聞いてみるものですね。

ブルックスブラザーズは、白のボタンダウンを所有しており、生地感が好きです。
着始めはゴワゴワしてますが、洗濯とアイロンを重ねるごとに、
良い感じにクタッとしてきます。それがあるから購入時に不安はありませんでした。
余談ですが、デザイナーのトム・ブラウンは、アイロンなしの洗いざらしで着ているそうです。
(詳しくは、【過去記事】をご参照ください)

折角なので、ディテールをご紹介したいと思います。


前たては・・・、何て表現したら良いんでしょう。
プルオーバーシャツのように、裾先はゆるやかな曲線となっております。
シャツをパンツから出した状態でも着れそうです。


次に袖。
インポートものでも、袖丈に苦心するといった経験はあまりありませんが、
こちらは明らかに袖丈が長かったです。(検索してみると、数年前は袖丈お直し不要で
着れたという記事がありましたので、最近、欧米人仕様に変更があったのかもしれません)

袖口は、カッタウェイカフスになっております。


あまりに有名なブランド(ライン)のタグ。


最後にご紹介するのは、やや大きめなロッカーループ。
実用性があるかは分かりませんが、ブランド・アイコンの一種でしょうか。


今の時期であれば、パンツインせず、袖をまくって1枚で着るのもありですが、
ラウンドネックが映える、タイ着用時にガンガン活躍させたいです。
また、これを機に秋冬にはボウタイにもチャレンジしようかな、と思い始めております。







0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。