2011/09/10

夏とガリガリ君とパナマ帽


夏が終わろうとしています。
記録的猛暑、自然災害、節電… 今年もいろんなことがありました。
たいへんな夏だったのに、過ぎ去ろうとする季節を想うと一抹の寂しさを感じます。
ガリガリ君は、そろそろ食べ収め。


そして今年の夏に購入したTORAYAのパナマ帽も、今年はその役割を終えそうです。
7月に手に入れてから、休日はどこへ行くにも、このパナマ帽と一緒。
薄着になることが多い、夏の服装のアクセントとして重宝しました。
このパナマ、女性や年配の方にも受けが良いです。
うちの奥さんも気に入った様子だったので、来年プレゼントしようかな。

僕のなかでは、夏の定番アイテムになりそうです。
ありがとう。お疲れさまでした。







10 件のコメント:

  1.  TAROさん

     こんばんは〜。僕もいまだについつい「ガリガリ君」に手が伸びてしまいます。

     パナマ帽、本当に上品ですね☆

     やっぱりポロシャツ、あるいはリネンシャツ等ラフな軽装に合わせる感じですか??

     ジャケットスタイルにパナマだと一応セオリーだけどちょっとスタイリング色が濃くなりすぎるんでしょうか。。。


     写真からモノの良さと清涼感がとても伝わってきます☆

    返信削除
  2. mansho9/12/2011

    TAROさん

    パナマ帽が載っていたのでついついコメントを…。
    周囲からの好評、羨ましいです!
    私はTAROさんと同じ型を持っていながら、
    今年は2歳の息子に掴まれてやや変形…、
    叱ろうものなら妻から
    「壊れやすいものをかぶっているほうが悪い!」
    などと言われ…。
    でも、被り続けてどうにか夏を過ごしました(笑)

    今年は暑かったせいかリボン部分にまで
    汗が染みることが多かったです。
    メンテナンスをきっちりしなくては、ですね。

    TAROさんの写真の撮り方、文章の柔らかさは
    とても勉強になります!

    返信削除
  3. ポウルセンさん
     
    コメントありがとうございます。
    「ガリガリくん」食べ収めを宣言したものの、
    撤回したくなる暑さですね…。
     
    僕の場合、パナマ帽はポロシャツなどラフな格好に合わせることがほとんどです。
    本来であれば、仰る通りジャケットに合わせるのがセオリーだと思うのですが、
    どうも暑さに負けてしまって…。
     
    休日の銀座を歩いていると、時折パナマ帽スタイルのお手本にしたい
    紳士に出会います(初老の方が多いです)。そういう方は大抵、
    夏素材ジャケットスタイルで、暑さを感じないというか、余裕すら感じます。
    理想はそこですね。ただ、僕には少し早いという気もします…。
    それにしても想像が広がる、なかなか楽しいアイテムです。

    返信削除
  4. manshoさん
     
    コメントありがとうございます。
    息子さんと奥さまのお話、興味深く読ませていただきました(笑)
     
    家には、ミオという名の猫がおります。
    きっとミオの手の届くところにパナマを置いておくと、カリカリっと、爪とぎの道具にされてしまうと思います。
     
    今のところ、手の届くところに保管していないのでそういった被害は幸いありませんが、嫁からは、「そうなってもミオを責めないでね」と
    きつく言われております。

    我が家でもっとも繊細なアイテムかもしれません。
     
    そうですか、リボンにまで汗が。
    通気性を考慮したつくりとはいえ、被り続けていると蒸れはありますよね。このリボンは交換可能なんでしょうか?また冬場の保管はどうしたら良いんでしょうか…。

    あぁ…色々と疑問が湧いてきました。一度トラヤさんに聞きにいってみようかな…。
    もし、manshoさんが保管の際注意されている点などございましたら、是非教えてください!
     

    返信削除
  5. mansho9/12/2011

    TAROさん

    パナマ帽はかぶるたびに丁寧に拭いて
    自然乾燥させる、ということしかないように思います。
    文二郎帽子店さんに帽子のメンテナンスに関してのページが
    ありました↓
    http://www.panamaya.com/info/handling.htm

    私はかぶる季節以外は
    トラヤさんで購入時に入れてもらった箱にしまい、
    風通しの悪くない部屋の押し入れに置いてます。

    リボンが替えられると面白そうですが…
    あまり聞いたことはないですよね。

    返信削除
  6. jasmine9/12/2011

    TAROさん、こんばんは!
    パナマ帽、大活躍の御様子を拝見し、背中を押させていただいた甲斐があったと嬉しく思います(エラそ~笑)
    かくいう私は、残念ながらうまく活用できず、来年への課題となってしまいました。
    1年かけて素敵な着こなしを研究したいと思っています。
    TAROさんの奥様の着こなしも是非拝見してみたい!

    ガリガリくん、梨味が大好きです。

    返信削除
  7. manshoさん

    こんばんは。
    ご返信ありがとうございます!

    文二郎帽子店さんのサイト、拝見させていただきました。メンテナンスに関する記述、参考になります。
    (商品ページを拝見してビックリ。豊富な数のパナマを取り扱っているメーカーさんですね!)

    クリーニングもあるようですが、「2〜3シーズン後、型が少し崩れてきてからの…」ということなので、水を含ませてから絞った布で、念入りに拭いた後、箱にしまうことにします。

    リボンをシーズンごとにかえられると面白いですね。
    メンテナンスと収納の情報ありがとうございます。
    大変参考になりました!

    返信削除
  8. jasmineさん

    jasmineさん、こんばんは。
    そうです、このパナマは、jasmineさんの後押しなくては購入し得なかった帽子です!だからそのことを覚えていてくれて、僕も嬉しいですよ。

    そうですか、上手く活用できませんでしたか。
    かく言う僕も、ラフなスタイルばかりで、ジャケットとの組み合わせなど、来年への課題を残した年でした。

    お揃いのパナマを持つもの同士、来年はより面白いスタイリングを見つけたいですね。ちなみにウチの奥さんは、評論家タイプ。自分からは絶対に表には出てきません(笑)。我が家のピー●さんです。

    僕も梨味派です!

    返信削除
  9. mansho9/13/2011

    TAROさん

    少しでもご参考になればうれしいです。
    私のパナマは5シーズンめの夏を終え
    少しくたびれてきました。
    最終目標は“サー”・ショーン・コネリーの
    着こなしです
    http://journeys.louisvuitton.com/vuitton.htm?l=ja_JP&shop=1
    ↑まぁ無理ですが(笑)

    これに少しでも近づけるべく
    ゆっくり精進していきたいですね。

    パナマ以外にもTAROさんブログで
    気になるモノがいくつか…
    またコメントさせていただきます。

    返信削除
  10. manshoさん


    コメントありがとうございます。
    “サー”・ショーン・コネリーの着こなしですか。
    渋いですね! 憧れます。

    真新しいパナマも良いですが、
    日焼けして、少しくたびれた感じのパナマも素敵ですね。
    5シーズン目を終えた、manshoさんのパナマを
    是非拝見したいものです(笑)

    これからもお気軽にコメントをお願いいたします!

    返信削除

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。