2011/09/18

狂気のプリマドンナ


3連休の中日は、DVDをレンタルしてきました。
借りたのは、【ブラック・スワン】。

プロットはこんな感じです。
ニューヨークのバレエカンパニーに所属する、ニナ(ナタリー・ポートマン)は
元バレエダンサーの母親に寵愛を受けながら、バレエ漬けの毎日を送る。
ある日、プリマドンナ引退のニュースと、新プリマのオーディションという
出来事が起こる。チャンスをものにしたニナは、初演で「白鳥の湖」を踊ることに
なるが、作品で求められるのは、魔性を体現する黒鳥の演技。優等生タイプのニナは、
黒鳥を表現することの葛藤と、様々なプレッシャーから、次第に狂気と正気の境に
陥っていく…。

ストーリーは、大したこと無いです(笑)登場人物も少ないですし。
古典的な二律背反(アンチノミー)構造でストーリーは進んでいきます。
例えば、黒と白、正気と狂気、抑制と解放、これらがストーリーの中で
交互にスイッチングされ、観るものを惹き込みます。

是非とも観てほしいポイントは、ナタリーポートマンの演技。
彼女の経歴に残る1作であることは間違いないでしょう。
10ヶ月近くバレエのトレーニングを積んだという、その肉体も
見所のひとつですが、彼女がブラック・スワンの狂気に陥っていく様は
観ていてゾクっとさせられます。特殊効果の使い方も絶妙。
何が現実で、何が錯覚なのか、自分の目を疑いながら観てください。

前回の買い物(伊東屋)の話は、また次回にでも!
引っ張ってすいません。








0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。