2012/04/01

ユニオンワークスにクロケットの修理を依頼してみました


以前こちらのブログでもご紹介させていただいた、
クロケット&ジョーンズ【CONNAUGHT】。手持ちの靴の中で、
もっとも長く履いている靴でもあります。正月明けには、
サドルソープで洗ってみたり、持ち主の実験的荒技にも耐えて、
未だ現役で活躍してくれております。でも、あちこちにボロがでてきました。
例えばこんな点。

・色抜け
・踵がすぽすぽ抜けそうになる
・踵の皮がボロボロ
・紐がへたってきた


もう駄目かな、と一瞬迷ったりもしましたが、
とりあえず専門家に診てもらおうと思い、
今回はじめて渋谷の【ユニオンワークス】さんに持ち込んでみました。


今回向かったのは、ユニオンワークスの渋谷店。
道筋はちょっと分かりにくいですが、一度行けば覚えられそうです。
しぶやぎ】(さくら&ショコラ)さんのいるカフェの横を通って、
ユニオンワークスが入店しているマンションに入ります。


入り口にユーズドのバブアーがあったり、店内にトリッカーズがズラッと
並んでいたり、独特の雰囲気がありました。一緒に行った友人は、
ユニオンワークス別注のトリッカーズが気に入ったようで、試着したり
店内をキョロキョロと見回したり落ち着きが無い様子でした。


こちらの椅子に座って、対面で修理方法について相談します。
踵がスポスポ抜けること、まだ履き続けるか迷っていることを告げました。
お話の結果、まだ履ける・履こうという結論に。
踵が抜けそうな件については、インソールを入れることで対応。
ソールをどこまで入れるか試し履きをして、3枚入れることで決定。
羽根が完全に閉じてしまっていたのもこれで解消できそう。

オールソールも奨められましたが、今回は見送ることにしました。
あと、小指側の皮が痛んでるので補強、アウトソールが減っているので交換を
依頼しました。ユニオンワークスさんは、街の靴修理屋さんに比べて、
しっかりとこちらの話を聞いてくださり、修理方法についても素人が理解できる
言葉で説明をしてくださいましたので、今まで以上に安心してお任せできた
気がします。今後も時間と予算が許す限り、靴の修理に関しては、こちらで
お願いしたいと思いました。


そして2週間後に修理が完了したクロケットがこちら。
写真撮影前に、靴ひもを新しいものに交換し、新たに購入したモウブレイの
クリーム(コニャック)で磨いているので、少し若返った印象。


ボロボロだった踵は、こんなに綺麗に。皮の継ぎ目も自然な感じ。


インソールはこんな感じに修理していただきました。
まだ足に馴染んでないけど、前みたいなスポスポはなくなりました。


小指あたりの皮補強。綺麗に直っています(どうやって修理するんだろう…)。
ただ実際に履いてみると、小指が靴の外側にあたって少し痛い。
ソールが沈んできたら、痛さは解消されるのでしょうか。今のところは、
我慢して履き続けていこうと思っております。


踵をユニオンワークスオリジナルのラバーソールに交換しました(
終日履いたあとなので、汚れています。ごめんなさい)


総括するとオールソールをする前に、クロケットには
今の状態でもう少し頑張ってもらおうかな。
先日、有楽町の某セレクトショップで店員さんと靴の話をしていたら、
着用しているクロケットが十数年愛用の品ということが判明し、驚いたものでした。
こちらのCONNNAUGHTも、長いとはいえまだまだ。今後も手入れをしながら
ぼろぼろの状態になるまで、しっかりと履いてあげたいと思います。
それができる靴だと思いますしね。
あとユニオンワークスも、噂に違わず優秀な靴の修理屋さんでした。

UNION WORKS SHIBUYA(ユニオンワークス 渋谷店)
住所:東京都渋谷区桜丘町22-20 シャトーポレール渋谷B1-1
営業時間:12:00~20:00(店休日:水曜)
TEL:03-5458-2484
HP:http://www.union-works.co.jp






0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。