2012/05/13

はじめてのフレスコタイ


クールビズの到来まであと少しというこの時期に阪急メンズ館で出会ったのが
こちらのフレスコタイ。京都・丹後の老舗織物メーカー発【KUSKA】というブランドの
もの。糸作り、染め、織りに至るまですべて手作業で、以前は着物(丹後ちりめん)を
織っていた熟練職人の手仕事により織り上げられているそうです。


こちら】のロンストシャツに、白もしくはベージュのニットタイを
合わせたいと思っていたのですが、コレと思えるものと出会えずにおりました。
特に色味。白は需要がないのか、セレクトショップなどでも
なかなか取り扱いがありませんでした。


カジュアルな着こなしがしたいので、ジャケパンスタイルの際に着用しようかと。


ちなみにこちらのシルク生地、1日に織り上がるのはたったの1.5m前後
(ネクタイ3〜4本分)と非常に希少なものなんだとか。







2 件のコメント:

  1. gohkiti5/13/2012

    TARO さん、こんにちは!

    白のフレスコタイとはまたお洒落ですね~!
    私もフレスコタイ、気になっていたので、記事を見てすぐ阪急に実物を見に行ってきました(笑)。
    結局今日は別のフレスコタイを購入しましたが、素敵なタイでした☆

    うちの会社も明日からクールビズです。
    夏だからか種類も少なく、ネクタイ着用派としては探すのに苦労していますね。
    またいい情報がありましたらアップ、是非お願いいたします!(^^)

    返信削除
    返信
    1. gohkitiさん

      コメントありがとうございます。
      白のフレスコタイは、我ながらチャレンジングな選択だったかもしれません(笑)
      おぉ、gohkitiさんも阪急メンズ館にいらっしゃったんですね。
      gohkitiさんが選ばれたフレスコタイがどんなものだったのか、
      関心が高まります。ブログの更新を楽しみにしております。

      クールビズとなるとネクタイ派がグッと減りますが、
      それだけに個性を発揮できるチャンスですよね。
      僕もできる限りネクタイを着用したいな、と思ってます。

      削除

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。