2012/06/01

LIBERTY PRINT


前回投稿に引き続いて、まさかの2回連続ハンカチネタです。
いや僕自身、短期間でこう続けてハンカチを購入するとは思ってもみませんでした。
そのきっかけとも言うべきは、【こちら】の記事を見てしまったことにあります。
(ご興味無い方は、このエントリーはすっ飛ばしてくださいね。)


ご覧いただいている皆様は、リバティー(プリント)ってご存知でしょうか?
私は全然知らず、栗野さんの記事ではじめてその存在を知りました(詳しくは⇒

ここで「リバティー」ファブリック(生地)って何?という方の為に、
サイトから情報を抜粋して、解説もどきのことをしてみたいと思います。
取って付けたような説明ですいません(先に謝っておきます)

まずリバティーという会社があり、発祥はイギリスである(日本法人もある)
年2回春夏と秋冬にシーズンコレクションを発表しており、毎シーズンテーマがある。
コレクションを分類すると、シーズンコレクション、エターナルコレクション、
クラシックコレクションの3つがある。エターナルはリバティジャパンの定番
コレクション。クラシックは英国リバティ社から発信される定番コレクション。
大まかな説明だと以上になります。

とにかく綺麗な発色(柄)が魅力的です。ハンカチ好きとしては
こちらを見落とす訳にはいきません(笑)


今回Districtで購入した3枚は、それぞれデザインやタイプが違います。
青だけ、リバティ社のサイトで柄の名前を特定できました。
Doragonista】というそうです。中国っぽい絵柄と青のグラデーションが面白い。

手を洗って、それを拭くには少し頼りないけれど、
お尻のポケットから少し覗かせたり、ポケットチーフの変わりに
胸ポケットに入れてみたり遊び用としては使えるアイテムだと思います。

PS:Mさんへ。こちらをご検討中でしたら是非今週末にでもDistrictへどうぞ〜。






4 件のコメント:

  1. こんばんは~。
    TAROさんがセレクトされた柄、良い意味で期待を裏切られた感じです。
    もっといかにもリバティー!っていう柄なのかと思っていたのに、こんな渋いのもあるなんて。
    ブルーの中国柄、夏のスカートに仕立てて、Tシャツに合わせて着たいです。
    やっぱりお店行って色々見てみたい。
    うーん、どうしましょう…。

    返信削除
    返信
    1. こんばんはー。僕はリバティのイメージというのがありませんので、知ってる方からすると意外な選択に見えるのかもしれませんね〜。

      是非、Districtへ(笑)

      削除
  2. こんばんは
    リバティって可愛らしい小花柄のイメージがあったので、
    こんなかっこいい雰囲気のものもあるなんて!と驚きました。
    特に2枚目のプリント、宇宙っぽくって好きです!

    リバティといえば、小さい頃にはよくここの生地で母がワンピースを作ってくれていたのですが
    今では小花柄とは縁遠い服装になってしまいました…(笑)

    返信削除
    返信
    1. marucoさん

      コメントありがとうございます!
      そうですか、リバティプリントは花柄のイメージですか。男性に比べると女性のほうが馴染み深い(身近にある)デザインなのかもしれませんね。


      Districtには花柄もありましたが、
      できるだけ男っぽい柄を選らんでみた
      つもりです。「宇宙っぽい」の感想は
      大変光栄です。


      リバティプリントのスカートは、素敵なご記憶ですね(素敵なお母様です)。今は縁遠いかもしれませんが、花柄はファッションのルーツに残っているかもしれませんよ(僕だったら、紺色をよく着させられた)。marucoさんのファッションがどのように進化していかれるのか、これからも目が離せません。

      削除

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。