2012/11/10

smart coffee (スマートコーヒー)



蔵出しシリーズ。今回は京都編。
長いこと下書き状態にあったものを原文ママで公開します。
時差については何卒ご了承ください。

不定期連載の京都シリーズも、いよいよ終盤に差し掛かって参りました。
このブログは洋服ネタの日はPVが良いのですが、食に関する投稿は残念ながら飛ばず鳴かず。
今回も数字は良くないでしょうが、まぁいいです(笑)ひっそりと続けていくことにします。

さて4日目最終日は、こちらの名所からスタートしました。


皆様ご存知、伏見稲荷大社。
国の重要文化財に指定されている境内へと続く鳥居の回廊は色鮮やかで美しく、
太陽の光を受けて浮かび上がる柱や石床の陰翳がなんとも趣深く、
古都の慎ましやかな美を感じさせてくれるのでありました…。
実際のところは汗だくで歩いてましたが。暑くて暑くて歩みを止めると汗が滝のように吹き出してくる始末でした。
しかもどこまで続くんだというぐらい長いこと…。
結局は、途中でUターンしてしまいました。ゆっくりと美を堪能するのであれば、
一般的に云われるように秋冬が最適ですね。機を改めまた訪れることにしましょう。

伏見稲荷の参拝を終えて、京阪電車とバスを乗り継いで次に訪れたのはコチラ。


スマートコーヒー】さんです。
こちらは、twitterで某女史に教えていただいたお店。もちろん初の来店です。
場所は寺町商店街(渋くて私好みのお店が沢山ある通りでした)の中で、
お店の前に人が並んでいたので直ぐに分かりました。昭和モダンが生きたお店と感じました。
食器に刻まれた手書きのオリジナルフォントを見る限り、創業当時は
ハイカラな店だったんだろうと思わせます。今でこそデザインにこだわる人は多いものの、
80年前にそこまでデザインにこだわる人は少なかっただろうと推測します。
美大の学生さんはきっと好きだろうなぁ。


注文したのはコチラ。
ホットケーキセットとフレンチトーストセット(ともに1,000円)
ホットケーキは2枚重ねで、バターが乗っただけのシンプルなもの。
メープルシロップとともに。


フレンチトーストは、中がふわふわ、外はカリッとしていて、美味しかった。
そしてなんだか懐かしいお味がしました。
ホットケーキもそうだけど、素朴な味わいという感じかな。
色んなことが流動的に変化する時代だからこそ、「変わらない何か」をもっていることも個性だと思います。
昔は「スマートコーヒー」に行くこと自体に何らかの意味があったのではないでしょうか。
デカタン(décadence)な京大の学生たちや、東映の俳優さんたちが店に集う光景を想像してみたり。
時間限定のランチも是非食べてみたい。


スマートコーヒーのコースター。
細部までしっかりとこだわっていますね。
後から聞いたところ、コーヒーカップはノリタケ製ということでした。


最後は八坂さんからの一枚。
また訪れたいお店でした。


スマート珈琲店 (Smart Coffee)
住所:京都府京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町537
営業時間:8:00~19:00(ランチ 11:00~14:30)ランチのみ火曜休
TEL:075-231-6547
HP:http://www.smartcoffee.jp/






0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。