2013/01/16

グレンチェック


こんばんはTAROです。関東地方の大雪大変でしたね。
いつもより少し早く家を出たのですが、凍った路面で思うように進めず、
駅まで随分と時間がかかってしまいました。

そんな今日の足下は、クロケットのチャッカブーツ、チルターンでした。
ご存知の方も多いかと思いますが、スウェードに防水スプレーを
シュッとひと吹きしてやると、水をはじく万能靴となります。
5、6cmの積雪だと汚れるかな?とも思いましたが、実験の結果、
目立った汚れはほぼ皆無でした。スウェード靴をお持ちの方はよかったらお試しください
(その際は、どうぞ自己責任でお願いします)。

さて、EDIFICEセールの続きです。
ネクタイに続き、手に入れたアイテムは…


EDIFICEオリジナルのウールパンツ(グレンチェック)です。
最初は控えめな感じのグレーと黒のチェックを試してみたのですが、
どうもしっくりとこない。沈んだ色の掛け合わせということもあってか、
何となくもっさりとした感じになってしまいます。
そこで、グレンチェックがより際立つこちらのパンツを試着してみました。

白と黒のグレンチェックといえば、高校生の制服を思い浮かべてしまいますが、
こちらのパンツを履いてみると、その印象はありませんでした。
あまり考えることもなく、すんなりと自分にOKが出せました。
試着した時に着ていたのが、実際に組み合わせたかった濃茶のウエストコートや
茶のツイードジャケットだったことも影響しているかもしれません。
予想通りというと、良く言い過ぎかもしれませんが、ツイードとの相性は良かったです。


生地を拡大した写真がコチラ。白の分量が少ない?ので、
高校生っぽくならずに済んだのかな、と自己分析しております。

股上は普通ですが、太ももが絞ってあるタイプでしたので、
サイズをひとつ上げて、少しゆったりとした感じで履くことにしました。
ウエストはお直しに出さずともベルトで調整できる範囲なので。
(それだけ太ったということです…)
裾については、ノークッションで処理しました(他のパンツも股下はすべて同じです)


(あ、玄関が汚れている…)お目汚し申し訳ございません。
組み合わせる際には、茶色と緑をもってきたいと思っております。
冬の色というより、春の色ですかね。






0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。