2013/01/21

松榮堂のお香


久しぶりの"雑貨"カテゴリーの投稿です。

この数ヶ月、寝室でお香を焚く機会が増えました。
就寝前のひととき、寝床で本を読みながらまったりする際に
お香の香りを嗅ぐのがひとつの楽しみになりつつあります。

お香自体にあまりこだわりはなく、
香りが強すぎるもの(インド産のものとか)以外であれば、
使うものは何でも良いという状態でした。
そのような訳で、無印良品の"白檀の香"を買って使っていたのですが、
それにはひとつだけ不満がありました。
燃え尽きるまでの時間が短い。

正確に測ったこおはありませんが、
おそらく5分〜10分程度で燃え尽きてしまいます。
せめて15分〜20分程度の燃焼時間があったら良いな、というのが
日頃から思っていた不満でした。

それをjasmineさんにお伝えしたところ、
ご紹介いただいたのが松榮堂さんでした。
そして実際に銀座店に伺い上のお話をしたところ、
薦めていただいたのが、渦巻きタイプのお香でした。
蚊取り線香の縮小版をイメージしていただければと思います。

これで不満は解決するのですが、
香りをどうするか、というのでお香のテスティングをさせていただきました。
"洋"の香もあれば"和"の香もあり、迷うこと十数分、
結局は白檀が多く含まれる"堀川"という香を選びました。
本店が京都ということもあって、地名(通り)に因んだ商品名にされたのでしょうね。

その後も、お店の方にいろいろとお話を伺ったのですが、
"香道" があるぐらいですから、奥深い世界だな、と改めて感じるに至りました。
中でも直接火を使わず、熱した炭を灰の下に入れた状態で香木を熱する
"空薫(そらだき)"と"聞香(もんこう)"には惹かれました。

昔からお仏壇(実家にはありませんでしたが)に供える線香と、
蚊取り線香が好きという子供でしたから、香について深く知りたいと思うのは、
ごく普通の自然な帰結かもしれません。
少しずつ学び、世界を広げていければと思います。







2 件のコメント:

  1. jasmine1/22/2013

    こんばんは。
    実際に使ってみた感じはいかがでしたか?
    私は雨の日に『堀川』を使うのが好きです。
    あの香りが、しっとりした空気にとても合うような気がして。
    次は是非青山のお店も紹介させてくださいね^^

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      「堀川」は個人的には、少し甘すぎる感じがしました。
      テスティングの時は、そうでもなかったのですが。
      暫く使ってみて、気になるようでしたら他を試してみたいと思います。
      (アソートがありましたよね?)
      青山店も機会があれば是非(^^)

      削除

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。