2013/01/22

ことし、はじめに買ったもの


ことしはじめの買い物は、これ。
洋服ブラシ(笑)
記事にするまでも…と思いましたが、備忘録を兼ねて書き残しておこうと。


こちらは、渋谷の東急ハンズで見つけた江戸屋の洋服ブラシです。
たしか、なべこぱんさんもお持ちだったように記憶しております。
木柄のついた豚毛ブラシ(ウール用)を購入しました。

ブラシは、スーツなど目の詰まった衣類用とのことですが、
毛の固さはそれほどでもなく、しなやかな印象です。
スナップを効かせてブラッシングをするとホコリが落ちやすい
という話を聞いてからは、軽く小刻みに手を動かす方法でブラシをかけてます。


平野さんの洋服ブラシも検討したのですが(良いという話は方々で耳にするので)、
値段との折り合いがつかず、江戸屋にしました。
それでも、いままで使っていた無印良品のものに比べると、格段良いものだと思います。
(無印良品を否定している訳ではありません、念のため)


こちらが以前使っていた洋服ブラシ。
4年か5年ほど活躍してくれました。
さすがに毛先が目に見えて痛んできましたね。
お疲れさま。


あと、こんな便利グッズも購入しました。
「クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ」
毛玉取りといえば、電動の機械を思い浮かべる方も多いと思いますが、
これを使えば、機械に頼らずとも毛玉がとれます。


着用歴の長いニットで試してみましたが、
目に見えて毛玉が取れました。
あまり毛玉が出るような服は着ませんが、
ちょっと気になった際などは手早く毛玉が取れて良いかもしれません。
あとはシーズンが終わってニット類を収納する際に、ブラッシングのひと手間だけで、
翌シーズン気持ちよく着られるというところでしょうか。
誰にでも簡単にできるケアということで。

今年の服に関するテーマはいくつかありますが、
気に入った服を、(できるだけ購入時に近い状態で)維持することもそのひとつ。
その為には毎日のケア(洗濯など)、素材(繊維)について知識を深めること、
が必要だと思っております。






2 件のコメント:

  1. こんにちわ!

    江戸屋のブラシ!!

    私が所有してるのはもう少し安いやつです(笑)なんだかブラシに凝り始めると、揃えたくなります。

    カシミヤの製品なんて持ってないのになぜかカシミヤ用ブラシを買ってしまいました(ダメダコリャ)

    毛玉取りのブラシ、よさそうですね!!どうしてもファッション関連は数が増えていってしまいますが、ケアを丁寧にすることで一つ一つに愛情を持って末永く付き合える、というのは理想的で、憧れです。
    自分のワードローブも見直し、処分、追加、ブラッシュアップが必要だと感じました。
    「処分」というのはなかなかどうして難しいものです。一つ一つに、思い出や、その時のこだわり、そして愛着がある。
    そのへん、レクチャーしてほしいです、「モノにあふれない生活の仕方」。

    長々とすみません、リンクありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. なべこぱんさん

      コメントありがとうございます。
      なべこぱんさんは、カシミア用ブラシなんですね。
      ケア用品にあまりお金をかけすぎるのも…と思っていたのですが、
      無印のブラシよりもブラッシングしやすくて、購入して良かったです。
      毛玉取りブラシは、まだあまり出番がありません(笑)

      ワードローブのブラッシュアップは、難しいですよね。
      私もいまだに暗中模索です。
      ただ、下記の3点は心がけるようにしております。

      ・自分に似合う色を知る→長く付合う
      ・ジャストサイズを着る→長く付合う
      ・着ない服は手放す→少なく所有する

      こだわりのポイントは時代によって変わるかもしれませんが、
      上の3点はいつの時代も、何歳になっても変わらないと思っております。
      何かのご参考になれば幸いです。リンク、どういたしまして(^^)

      削除

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。