2013/04/17

"色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年" ※ネタバレ有


※今回のエントリーは本書の内容に関する記述を含みます※

文芸春秋から刊行された、村上春樹の最新小説(長編と呼べるのだろうか)。
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」。
ご多分にもれず、楽天に予約を入れて、できるだけ早く手に入れた。
往路の機内ではじめから最後まで一読し、復路では半分まで読んだ。

ある意味、とても身近な、原始的なストーリーだと思う。
物語の表層だけをみれば。


調和のとれた奇跡の5人のなかで、唯一色彩をもたない多崎つくる(たさきではなく、たざき)。
彼が調和と安定を失い、苦しみ、大人になる(再生する)
そして、30代後半になって、巡礼の旅にでる(巡礼という言葉じたいに旅をふくむので、
旅にでるは日本語として変)。

本書には羊男はでてこないし、メタファーとしての壁抜けもない。
また、時間を超越することもない。
そのため、村上作品のなかでは比較的読みやすく、作品群を分類するとすれば、
「ノルウェイの森」と同じ分類になるかもしれない。作者本人も、何かのインタビュー中
このタイトルを引き合いにだしていたっけ(書きすすめるうちに物語がながくなったという話だったと思う)。

そして、偶然にも「ノルウェイの森」と「巡礼の年」(ル・マル・デュ・ペイ)は、
タイトルに楽曲名をふくむことで共通している。
前者はビートルズ。後者はフランツ・リスト。



「色彩〜」には、色を持った人物が何人か登場する。
名古屋の4人以外には、灰田(グレー)、緑川(グリーン)など。
(フィンランドの"オルガ"、"ハアタイネン"にも色が含まれてはいないか?)
はじめに、「物語の表層だけをみれば」ということを書いたが、
色を意識し、読み解いていくことで、ちがうストーリィー(いわば裏のストーリィー)が
浮きでてくるような気がしている。

村上作品には、ときどき一般的には理解できない事象が描かれている。
「ねじまき鳥」の壁抜けなどがその代表だと思う。
読み手は「壁抜けとは?」などとは考えてはいけない。これは物語に内在された
メタファーであり、歪みであり、溝(キヤズム)であり物語の装置である。
「色彩〜」の場合、その要素はない。ただし、説明がなされず(おそらく意図的)に
放置されている事象がある。

これまた記憶がはっきりとしないが、村上氏がどこかで語っていた言葉で
次のような内容を記憶している。「1Q84はジェットコースターのような作品で、
それとはちがう種類の作品を書きたかった」。
個人的な推測だが、一読して感じたのは、この物語には仕掛けが施されているのでは
ないかということ。ジェットコースターのような作品とは、物語に読者をぐいぐい
引き込む類いの作品であり、その対極は、読者が物語を探す(見つけだす・発掘する)
作品であると思う。例えるなら、大衆小説と私小説のようなものだろうか(ちがうか…)。



というわけで、物語を読み解く(発掘する)ために考察が必要な事柄をいくつか
挙げてみます(書き出すと長くなるので)。自分で答えを見つけたものもあれば、
まだ分からないものもあります。よかったら考えてみてください。


・ つくるの色は何色
・ 沙羅とつくるの最初の出会いは
・ 沙羅の色は何色
・ 灰田(息子)とシロとの共通点は
・ 緑川のトークンはどこにいった
・ 「私にはそういう関係は長く続けられない」という沙羅が、青山でほかの男性といた理由
・ つくるの夢にシロとクロがでてくる際、最後がシロなのは何故
・ シロが死んだ理由
・ クロが「私のことをクロと呼ばないで」「柚木のこともシロって呼ばないで」と言った理由
・ つくるが新宿駅9番線が好きな理由
・ かつてのガールフレンドがつくるにプレゼントしてくれたバスローブの色は


フランツ リスト「ル・マル・デュ・ペイ」のCDを探してみたいと思います。
ラザール・ベルマンとアルフレート・ブレンデルの演奏は是非聞いてみたい。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年







0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。