2013/05/02

123人の家




ACTUSで「123人の家」という本を購入した。
いわゆる「お宅訪問」。企画はシンプルだけど、内容は面白かった。

編集者は、おそらくACTUS関係者だと思うのだけれど、
「普段の彼女からは想像もできない…」など、編集者が知る、彼・彼女の
キャラクターを織り交ぜながら、住まいについて紹介しているから、
「お宅訪問」よりも距離感が近い。

部屋の様子も自然で、気取ったところがなく(中にはあるかもしれない)、
個人的には好印象をもった。住まいの主が、取材側に対してオープンなのだろう。
編集者の人柄が偲ばれる。

パラパラとページをめくるうちに、僕自身がなんだか懐かしい気分になった。
いまは無くなったけど、10年ぐらい前にACTUSはSTYLE BOOKという冊子を発行していた。
自社(取扱い)商品の紹介が目的なんだけど、
購入者のお宅で、実際に使われている商品を掲載する企画があった。
それを彷彿とさせる手作り感をこの本からは感じるんだよなぁ。
そうなると、僕のインテリア熱がぐっと上がるのです。


123人の家







0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。