2013/09/08

感染遊戯

誉田哲也「姫川玲子シリーズ」のスピンオフ。
「インビジブルレイン」後の話で、姫川班のメンバーだった葉山などは
所轄勤務に戻っています。主役はガンテツ…?

霞ヶ関の役人に人生を狂わせられた人間たちの、怨恨の渦。
そしてインターネットを介した、殺人の連鎖。
読後の感想をいえば、誉田節ともいえる、結末のどんでん返しが弱く(予め
予想ができた)被疑者の動機に対しても共感ができなかったところがあります。
(やり過ぎなんじゃない?と)

つまり、「らしくない」作品ではなかったかと。
しかし、読者をストーリーにひっぱる力と、映像を連想させるディーテールの
描写力はさすがです。










0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。