2014/09/17

バーガンディ

今年2足目の革靴を購入しました。(1足目の話はコチラ→
はじめてのバーガンディ。
皮の質が影響しているのかもしれませんが、
本当にキレイな色で、眺めていても飽きません(自己満足・・・)

ただし、実際に身につけるとなると、
組み合わせる服の色に気を遣うという面もあります。
靴に近い靴下の色で検証したところ、ネイビーやグレーは相性が良いとは言い難い
という結論に到達しました。

ともすると、黒やモスグリーンなどの沈んだ色味の方が相性は良いかもしれません。
といいつつ、両方ともワードローブで所有していないので、結局のところは
手持ちのグレーのパンツに合わせることが多いのですが。
(色の組み合わせについては、このまとめが参考になります)

2枚目の写真を見てお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、
踵の上から、紐のようなものがひょっこりと出てますね。

後ろから撮影した写真。
・・・あまり引き延ばしたところで、大した落ちはないので
早々にネタばらしをすると、こちらはレザーのロッカーループです。
つまり、この靴のブランドは "BLACK FLEECE" です。

牧歌的というかカントリーというか、素朴さを感じさせるそのフォルム(フォーム)と
あっさりとしたデザイン(ウイングチップに分類されますでしょうか?)は
THOM BROWNE との相性もよく、本意ではないものの納まりの良さを感じます。

靴の内側にMADE IN ENGLAND の表記があるのですが、
BLACK FLEECE はどちらのメーカーで製造されているのでしょうか。
一昔前はクロケット&ジョーンズ という話もありましたが、今は・・・。
近く立ち寄る機会があれば、お店の方に聞いてみたいと思います。

捨て寸がない状態、本当のジャストサイズを選択した為、
足の甲が靴にあたる、足の指が左右から抑圧される(いわゆる詰まった)状態です。
使用を続ければ皮が伸びて足に馴染んでくるのは承知してますが、苦行以外の何事でも
ありません。40代が見えてくると、さすがにこの手のチャレンジは疲れますネ。
次に靴を購入する際は、無理をせずに捨て寸を考慮したサイズ選びをしよう。

そして、こちらもお初。
トライアンフのスティールをつま先に装着してみました。
滑り止めの効果は "?" ですが、何事も経験ということで自分を納得させてます。

今回ご紹介させていただいた靴を含めて、所有する革靴の合計が5足となりました。
普通に生活する分には、これだけの備えがあれば十分です。
手に入れたいと企んでいる靴がいくつかありますが、それらは40代の楽しみに
とっておくとして、購入は一旦打ち止めにしようと思います。

10年選手、外交官、領事、外羽根、バーガンディの布陣で30代を過ごしていきます。







6 件のコメント:

  1. TAROさん、こんにちは!
    ブラックフリースでこのような靴があったんですね~。コバやヒールからトリッカーズの雰囲気もありますが、果たして製造元はどこでしょうか?
    捨て寸もなくどこか愛らしいフォルムにしっかり張り出したコバ、お持ちのスーツに合わないわけがないですね!
    カラーも5足目を締め括るバーガンディ、アイテムを必要最小限かつ最大限に生かそうとするTAROさんならではの選択肢と感じました。
    1週間のローテーションを確実のこなす5足が揃い、最も効率の良いラインナップが出揃って、なおお仕事に身が入るってものですね。
    何はともあれ、おめでとうございます(^^)
    あ、今度機会があれば年初にご購入されたオールデンの成長の様子をぜひご紹介ください!週一もローテーションでどれだけ変化したかとても気になています。

    返信削除
    返信
    1. gohkitiさん

      毎度コメントありがとうございます!
      久しぶりの更新でしたので、どなたも読んで
      くださらないのでは?と思っていたので、
      gohkitiさんのコメントにウルっときてしまいました。

      もう一足あれば良いな、とは思っていたものの
      はじめに購入を検討していたのは別の靴でした。
      今となってはどうでもいい話ですが、結果的には
      所有する靴と被らない物を選んだことになります。

      丸一日履くのは辛いですが、徐々に慣らしていきます。
      オールデンの経過?も近々記事にできれば、と思います。
      (他にアップする予定の物もある為、少し遅くなるかもしれませんが)
      今後ともよろしくお願いいたします。


      削除
  2. はじめまして。kazamashunsukeと申します。

    gohkitiさんのブログのリンクから飛んできまして、
    以前よりブログを読ませて頂いておりましたが、初めてコメント致します。

    こちらの靴、とても良い色味ですね。
    コードバン以外の革でバーガンディーというのは個人的にあまり見た事が無く、素敵だなと感じました。

    ちなみに、こちらの靴は十中八九クロケット製だと思います。
    理由としては内側に書いてあるラスト番号325は、クロケットのラスト番号だからです。

    初めてのコメントで長々とすみません。
    更新楽しみにしております。

    返信削除
    返信
    1. kazamashunsukeさん

      返信が遅くなり、失礼いたしました。

      以前から拙ブログを御覧いただいていたとのことですが、
      今回コメントをくださって、ありがとうございました。
      素直に嬉しく思います^ ^

      こちらの靴は、やはりクロケットの可能性が高いのですね。
      なかなか確証がもてなかったので、お陰様で胸のつかえがとれました。
      ありがとうございます。

      確かにコードヴァン以外でバーガンディは珍しいかもしれませんね?
      僕も真っ先にオールデンを思い浮かべてしまいます。
      物珍しさがあって買い求めた訳ではありませんが、無意識的に
      違和感を感じて惹かれたのかもしれませんね。

      靴好きの方がこの靴を見て、不思議な皮だと仰っておりましたので、
      やはり少し変わっているかもしれません。

      長くなりましたが、今後ともよろしくお願いいたします^ ^

      削除
  3. TAROさん、こんにちは。お久しぶりです。

    クロケットの325ラストであれば、サイズ選びはジャストフィットで正解だと思います。
    以前、このラストのウイングチップをいつものサイズで購入したのですが、履いてるうちに、羽根が閉じ過ぎて失敗したことがあります。

    私は、バーガンディー色のカーフの靴が好きで、ベルト、バッグも揃えて楽しんでいます。
    合わせるパンツの色はチャコールグレー、黒、オフホワイト、あとはデニムが多いです。

    返信削除
    返信
    1. PMTさん

      ご無沙汰しております。
      コメントありがとうございます!

      325ラストではありませんが、PMTさんと同じく
      クロケットのプレーントゥ「コノート」を所有しております。
      長いこと履いていると羽根が閉じてしまって、
      購入時のフィッティングについて考えさせられました。
      ジャストフィットだと、足に馴染むまでが大変ですが。。。

      バーガンディのベルト、バッグをお持ちだなんてお洒落ですね。
      同色のベルト良いですね。まったく考えていなかったのですが、
      惹かれます・・・。

      削除

コメントありがとうございます。

ご記入の際には、お名前をお願いいたします。